会社案内 

沿革 : ワシノ機器のあゆみ

1890年 「鷲野商店」を名古屋市内に創立。銅鉄商を開業する。
1917年12月 「合名会社ワシノ商店」に改組。
1918年 7月 社長鷲野卯八が日本て始めてのスチームトラップを開発。
日本・アメリカ・イギリスの3国で特許を取得し、UWの商標を冠して製造・販売を開始。
1920年 6月 ワシノ商店のスチームトラップ等製造部門として、「合資会社鷲野製作所」を名古屋市内に設立。
1937年 3月 ワシノ商店を「ワシノ製機商事株式会社」に改組。
1938年 3月 ワシノ製機商事株式会社が株式会社中部製鋼所(愛知県安城市)を買収し、同社を改名して「株式会社ワンノ電気製鋼所」とした。これによって、スチームトラップ等の鋳鋼素材はグループ内で生産されることになった。
1939年 2月 ワシノ製機商事が鷲野製作所を合併。
1939年 3月 ワシノ製機商事がワシノ電気製鋼所を合併。
1940年12月 ワシノ製機商事の商号を「ワシノ製機株式会社」に変更。
1945年10月 ワシノ製機の商号を「ワシノ製機商事株式会社」に変更。
1960年 4月 ワシノ製機商事(同年10月「ワシノ機械株式会社」に改名)からスチームトラップ部門を分離独立し、名古屋市南区道全町3丁目36番地に「ワシノトラップ株式会社」を設立。資本金1,000万円。同時に東京・大阪に営業所を開設。
スチームトラップ・サイトグラス・ストレーナの製造を開始。
1967年 7月 ワシノ機器株式会社」に商号変更。
ワシノ機械と提携して旋盤の組み立てを開始。
1970年 8月 増資、資本金2,000万円。
1971年11月 愛知県安城市に工場用地を取得。
1974年 2月 土屋 勉、社長取締役に就任。
1974年 4月 増資、資本金5,000万円。
1976年 4月 ワシノ機械から平面ラップ盤の製造権を譲り愛け、製造を開始。
1979年 3月 旋盤、ラップ盤の製造を中止。
1987年 4月 名古屋市南区星崎に星崎工場を建設、操業を開始。
1991年 6月 井上幹雄、社長取締役に就任。
1996年 5月 「ISO9001」認証取得。
1996年 6月 阪野博安、社長取締役に就任。
1997年12月 本社社屋及び第一工場完成。
1998年 3月 「高圧ガス設備製造大臣認定事業所」の認可取得。
1998年 9月 第二工場完成。星崎工場を物流センターに変更。
1999年 6月 安城工場用地をスポーツクラブ㈱アクトスに貸与。
2000年 3月 東芝機械製マシニングセンター2台導入。
2001年11月 ベンカン、YACの商権取得。
2003年 3月 星崎物流センターを製缶工場に改装。
2004年 3月 横型フランジ穴明専用機完成。
2004年 3月 マルチセンター用土地購入。
2004年 5月 自動倉庫増設 (250パレットを500パレットに増設) 。
2004年 6月 サイトグラスの「高圧ガス設備製造大臣認定事業所」の認可取得。
2006年 4月 マルチセンター完成。
2006年 5月 大型実流実験装置完成。
2006年 7月 縦型穴明専用機完成。
2007年 4月 生産管理システムを新規構築。
2007年11月 第二工場二階のテスト場整備。
2007年12月 第二工場二階の組付場の部品棚の整備。
2008年 1月 大型自動洗浄機新規設置。
2010年 8月 横型マシニングセンター(テーブルサイズ □500)導入
2010年11月 横型マシニングセンター(テーブルサイズ □800)導入
2010年12月 CNC旋盤導入
2011年10月 3D CADの導入
2013年06月 加古 眞、取締役社長に就任
2013年12月 事務室を一階に統合し大部屋化を行う
2014年 4月 "UW Vision 2020" 策定
2017年 5月 ISO9001:2015改訂版 認証登録

鷲野卯八※ワシノ機械の歩みについては、北見昌朗 (著)『愛知千年企業 明治時代編』(中日新聞社 2013/7/19))P.194~P.200に書かれています。会社紹介動画

図面検索検索 総合カタログ 会社紹介動画 大臣認定・ISO認証について

ご相談・お問合せはこちら

電話でのお問合せ

名古屋営業所
〒457-0076
名古屋市南区道全町3-36

TEL:052-822-8726
FAX:052-822-8714

東京営業所
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町7-16 小川ビル2階

TEL:03-3668-3751
FAX:03-3668-3754

大阪営業所
〒541-0046
大阪市中央区平野町2-4-11
平野町山内ビル5階

TEL:06-4707-1051
FAX:06-4707-1053

事業所詳細はこちら